寒さの厳しい冬が過ぎ、地中の虫が這い出す、と言う「啓

蟄」も過ぎたのに、梅の開花が2週間も遅い春。気温は

あまり上がらないが、日射量は確実に強くなっている事が

太陽光の発電量で理解できる。

 3月11日大震災1周年の今日、さして好天でもなかった

のに、最大発電電力量が101,07%と、今春初めて100

%をオーバーした。過去の最大値は昨年4月10日で、

108,15%だったので、まだまだ及ばないが、彼岸を過ぎ

る頃からは次第に上昇が期待できる事だろう。これからが

楽しみだ。